×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「産後に骨盤矯正が必要な訳」

●骨盤矯正が必要な訳

<骨盤はこうして歪む>

骨盤は、体の中心となる背骨を支える重要な役割をしている骨です。真ん中に穴が空いたような形をしていて、出産時には骨盤の中を赤ちゃんが通り抜けます。

妊娠中、胎児が成長すると共に、母体の骨盤も出産準備として開いたり歪んだりします。

出産が近くなると骨盤をつくる左右3対の骨の周りの靭帯という丈夫な組織や 子宮口がホルモンの影響で柔らかくなり、骨の継ぎ目が若干ゆるんで歪み、恥骨結合も少しずつ開き始めてきます。

骨盤以外にも、お尻の骨(仙骨))が歪むことで骨盤全体が広がります。

このほか背骨の靭帯が緩んでしまう事で、産後に背中が痛むという方もいます。産後にこのような症状が見られた場合は骨盤矯正が必要でしょう。

妊娠から誕生までのなかで骨盤は様々な動きをし、恥骨結合が緩み、その為産後の骨盤は必然的に開いてしまいます。

 

<骨盤矯正の適応症状>

骨盤が開いた状態で何年も過ごすと、太りやすい体質になったり、ストレスが溜まりやすくなったり、腰痛等の痛み等を引き起こすこともあります。

また、骨盤が広がることでお尻周りに脂肪がつきやすいとか、姿勢が悪くなった、垂れ尻、お尻やウエストが自然と大きくなってくることもあります。

このほか、便秘・下痢・下半身太り・ダイエットしても痩せにくい・冷え性・生理痛(生理不順など)・肩こり・不眠・O脚(姿勢が悪い)・肌荒れなど骨盤の歪み、ずれ、傾きから発症する例もございます。