×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

頚肩腕症候群(けいけいわんしょうこうぐん)

↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑

   いわゆる肩こり

 

頚肩腕症候群の一般的な症状・原因・病院での治療方法について

 

■頚肩腕症候群(けいけいわんしょうこうぐん)の一般的な症状とは?

本来、頚肩腕症候群とは、さまざまな原因によって、首、肩、腕にかけてのこりや痛み、痺れなど、はっきりとした診断がつきにくい病気の総称をさします。

症状としては、肩こり・頭痛・上肢の痛みやしびれ・冷感・めまい。首・肩・腕の筋肉痛など、があげられます。

 

■頚肩腕症候群(けいけいわんしょうこうぐん)の原因

病名自体はっきりとした診断がつきにくい病気の総称のため、考えられる原因も、頸椎椎間板の異常、首・肩周辺筋肉の疲労、ストレス、内臓疾患など様々です。

打撲による外傷、むち打ち症のあとや、首や肩に負担のかかる長時間の同じ姿勢による特定の筋肉の疲労によるものが多いようです。

 

■頚肩腕症候群(けいけいわんしょうこうぐん)の病院での一般的な治療方法

症状ががんこな場合、原因を専門医によってはっきりさせることが大切ですが、一般的には安静を即すことや、全身の運動をこころ掛けながらの体力アップ、必要に応じ、薬物療法、理学療法、神経ブロック療法、精神的なストレスが背景にある場合は、軽い精神安定剤を用いたりします。