×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

脊椎すべり症(腰椎すべり症)
 

脊椎すべり症(腰椎すべり症)の症状

腰痛症のような痛みが出るが、激しい痛みは余りない。

ときには下肢の痛みやしびれがあります。

脊椎すべり症(腰椎すべり症)の原因

すべり症とは、椎体が直下の椎体に対して前方にすべっている状態の総称で、脊椎分離や椎間板の老化などによって起こります。

 

「腰椎分離すべり症」

前屈位において、腰の突っ張り感や不安定感など。

 

「腰椎変性すべり症」

長時間立っていることなどで腰痛、臀部痛が増す。下肢にシビレが出る事も。

 

「先天性腰椎すべり症」

先天的な形成異常によるもので、出っ尻のような姿勢になるのが特徴。腰痛・下肢痛などが生じる。

 

その他にも、

・「外傷性腰椎すべり症」 外傷により骨折が生じ、前方へすべり出す。

・「病的脊椎すべり症」 悪性腫瘍や感染によって生じる。

 

 

** 腰痛ナビより **